五反田という町のスーパーマーケット事情をご紹介しよう

五反田が住みやすいといわれる理由として大きいのがスーパーをはじめとしたお店の多さにあります。
五反田駅直結のレミィ五反田にはアパレルショップや雑貨屋、100円ショップ、東急ストアなどが入っています。
駅周辺には、成城石井や24時間営業のマルエツプチもあります。
どの地域でもコンビニはあると思いますが、やっぱりスーパーじゃないと品揃えが。。。
と思っている方でも満足して買い物することができるので嬉しいですよね。

24時間のスーパーがあると帰りが遅くなったときでも、『あ、良く考えたらご飯家にないわー』とかパートナーに『〇〇買ってきてねー』と言われた時でも安心で便利。
また、ドラッグストアも複数あり、TSUTAYAもあるので、1人暮らしはもちろん、家族で住む場合にもお店が近くになくて困ってしまうということはありません。
五反田で賃貸などを考えている人にとっては嬉しいポイントですよね。五反田は都市開発が進んでいるのでこれから更に発展が期待できます。

格安の賃貸物件を五反田で探す小手先の技術

五反田駅周辺は、山手線の南部にありながら庶民的で、どこか下町の雰囲気をのこすエリアです。
隣には高級住宅地で芸能人も多く住む目黒、その先には恵比寿や中目黒もあります。
オフススポットして人気の高い、大崎や品川にも隣接しています。
上記に挙げたエリアよりも、若干家賃相場が下がるのが今回話題に取り上げている五反田エリア。

これらの人気エアに比べて、五反田は圧倒的に家賃相場は安く、住むには適した環境と言えます。
特に格安の賃貸物件を見つけるにはうってつけです。駅前で最近出来たマンションはさすがに高額ですが、駅から歩いて10分以上行くと格安の賃貸に出会うことが出来ます。
山手線の最寄り駅で、4万円台、5万円台、中には3万円台の物件もあります。
そのかわり築年数は古く、30年や40年という物件もありますが原点回帰的な動きからレトロな物件が人気を博しているという側面もあります。
高度経済成長期に一気に建てられたマンションたちが、40年50年経って老朽化が進んでいるのが事実。ですがリノベーションをして甦らせようという動きがあるのもこれまた事実。

それが五反田の格安賃貸の醍醐味といっていいでしょう。

意外と知らない五反田でのペット可賃貸物件

五反田でマンションの賃貸物件を探しているとペット可の物件が他エリアと比べて多いことに気が付くことでしょう。
これは単純に需要が多くあるから、その供給も自然に増えていくということでしょうが、その内情のふたを開けてみると面白い事実が垣間見れます。
家族4人に1匹という昔のペットを飼っている層のイメージとは少し異なる人が多くお部屋を借りているようで、どんな人かというと単身で暮らす特に女性です。
少子化から分かるように子供を持つ代わりにペットに愛情を注ぐ人が多くなってきていることは日本全体で言えることでしょう。
芸能界でも大の犬好きとして知られる坂上忍氏も2003年に離婚して独り身だ。
アベノミクスによる金融緩和によって経済が上向き傾向にある今日この頃に何とも寂しい現実が、こんなお部屋探しの一幕に浮かび上がってくる。
人口ボーナスが過ぎ去り、移民の受け入れなどを検討しないことには近々日本全体の人口が1億人を割る計算から、これから更にこの傾向は加速していくだろう。今の日本のダークな側面にフォーカスしてみた。

不動産会社の良し悪しで五反田での賃貸探しは決まる

五反田駅周辺で知識があって、しかも接客の上手い不動産会社さんはみんな親切で丁寧な物件選びをしてくれることが多いでしょう。
エリア的な特徴を考えればオフィス街が近いので、単身の入居者が多いはずでしかもビジネスマンが多く、接客に対して厳しい目で見るので不動産会社さんの営業の方も気が抜けないのでしょう。
日々営業力を他エリアよりも鍛えられている営業の方の接客はとてもいいと評判です。(中には全くお話しにならない程の接客をする人もいますが。。)
特に五反田駅から徒歩1分という近場に店舗を構えているヴィダックス五反田店は、実際に私が営業を受けた肌感覚でとてもいい接客でした。
日々鍛えられているなと。
接客態度だけではなく、物件の提案もとても斬新且つマッチしたお部屋を紹介してくれます。
あくまでも1個人の感想なので、もしかしたら同じ店舗の中でも違う営業マンの方は接客態度があまり良くないかもしれないので、その点はあしからず。。。

五反田でタワーマンションに住むために必要な大体の年収

日本全体で進行している少子高齢化。
その原因とも言われているのが、晩婚化であり更に経済が不安定であることからどうしても出費が多くなる子育てを避けようとする傾向が少子化に繋がっているといえるでしょう。
上記で論じたことによってオフィスの多い五反田で最近著しく増加しているのが一人暮らしをする30代40代。
職を持っていないわけではないので、お金はある。故に消費が旺盛になる。
ライフスタイルの向上の為に良い家にも住みたくなるわけで、五反田を代表するタワーマンション、プラウドタワー東五反田やパークキューブ目黒タワーなどの月額の家賃が20万円を超えるマンションが今人気を博している。
家賃だけで20万円飛んでいくということは、他の生活費の考えればそれだけ質も高くなるので50万円を超える収入がないと厳しい。その日暮らしをする程頭の頭の悪い人はこんなところに住むはずはないので、貯蓄もするとなれば月に100万円は必要だろう。
タワーマンションに住むには支出が少なく年収1000万円ないと厳しいという結論になる。

五反田で賃貸の家賃相場を調べたらこんな結果になった

五反田駅は、品川区の北部に位置しオフィス街や歓楽街の玄関口としての役割を果たしている駅で、五反田の東側に位置している高級住宅街へのアクセスもしやすく利用者も多いです。
そんな五反田駅の周辺の家賃相場といえば、都心(恵比須や渋谷)に比べれば少し安めのイメージで具体的な数値を出すとワンルームで10万円前後、家族で住むとなると最低でも1ldkは必要になるかと思いますが18万円前後の家賃相場になってきます。
五反田にお勤めになっている人で、五反田駅周辺に住む利便性を考えれば安いかもしれませんね。何と言っても朝の通勤ラッシュを経験することなく出社することができるのは大きな利点だと思います。
主観的な意見になってしまいますが、お子さんがいらっしゃるご家庭ならば駅から少し距離があるところがオススメで、駅周辺は必然的に交通量が多くなるので安全性を考えるならば郊外に住むという選択肢が候補として有力になるでしょう。